YouTube誤BAN関連記事はこちらです ●旧Blog(自分旅と家族のアーカイブ)はこちら ●twitterはこちら ●愛用のキャンプ用品はこちら

2016年10月25日

【晩酌用】友来たり!!(V-Strom650フルバンク停車)宇宙観測と高原ソフト 【野辺山→清里→東京】信州_野辺山ソロキャンプツーリ ング[7]

◆タイトル通り「晩酌用」に、ツーリングの記録を公開します。

※だらだらと長いので、お時間ある時にどうぞ。

本篇は2泊3日のキャンプツーリングの最終日となります。

朝から少しずつ天気も回復してきました。

朝らーの後に寝袋を畳んでいると、何やらバイクの音がするので慌ててテントの外に出てみると、なんと佐久の在住のバイク仲間がスズキ・Vストローム650に乗って突然やってきました。

そして、雨と夜露で濡れた芝生の上で素晴らしいネタを提供してくれる事になりました。

だらだらとした朝でしたが、一気にテンションが上がってしまいます。

今日は、10年来のバイク仲間「ヒロ兄」の案内で付近の見どころなどをめぐります。



◆[ ]内の時間は、動画のタイムスタンプです
・朝らー[12:47]
・ヒロ兄参上[25:21]
・撤収開始[39:39]
・ホムセン箱パッキング[39:59]
・出発[42:11]
・国立天文台野辺山[49:39]
・ヤツレン(ソフトクリーム)[56:39]
・平沢峠[1:08:012]
・ROCK(カレー)[1:15:43]
・八ヶ岳高原大橋[1:23:03]

◆MUSIC
1:「Break the Ice」by Jingle Punks
2:「Sunflower」by Topher Mohr and Alex Elena
3:「A Long Cold」by Riot
4:「World Map」by Jason Farnham
5:「Cloud Patterns」by Silent Partnter
6:「Silver」by Riot
7:「あの夕陽が見える坂を下って」by こおろぎ
8:「夢いっぱいをもう一度」by 稿屋 隆
9:「FREE WAY-かがやくキセキ」by はなP∞
10:「今は時を待て」by はなP∞/ミックス:こおろぎ


◆◆◆装備・キャンプアイテム関係◆◆◆

【バイク】
 BMW R1200GS(2010年モデル)

◆撮影機材
 アクションカム:SONY HDR-AS300(ヘルメットマウント&手持ち)、100V(インカメ&タイムプラス)、30V(予備)
 カメラ:NIKON D7000
 機材の紹介:https://youtu.be/wzS8mp08q4o

【バイク装備(積載関係)】
 ・純正パニアケース左右
 ・ラバーメイド アクションパッカー・ストレージコンテナ(90L)
 ・コミネ SA-226 WP Dry Duffle Bag(60L)
 ・純正タンクバッグ ラージ(14-17L)

【キャンプ道具】
 ・テント:ステイシーST(オガワキャンパル)
 ・シュラフ:タフバッグ(モンベル)
 ・シュラフカバー:ゴアテックスシュラフカバーウルトラライト(イスカ)
 ・マット:ピークライトマットレス165(イスカ)
 ・ストーブ1(メイン):レギュレーターストーブ(SOTO)
 ・ストーブ2(サブ):ドラゴンフライ(MSR)
 ・五徳:タフ五徳(ユニフレーム)
 ・ランタン1:ピークワン(コールマン)
 ・ランタン2:エクスプローラーEX-1977IS(ジェントス)
 ・コッヘル:ごはんクッカープラス(ユニフレーム)
 ・フライパン:キャニオン ハードアノダイズド フライパン 8.5インチ(Chinook)
 ・ダッチオーブン:コロダッチオーバール(スノーピク)
 ・焚火台:焚火台M(スノーピク)
 ・炭火グリル:B6君(笑's)
 ・椅子:リクライニングチェア(コールマン)
 ・テーブル1:2つ折れのテーブル(メーカー不明)
 ・テーブル2:手製テーブル
 ・クーラーバッグ:ハイパークーラー12L(ロゴス)
 ・水タンク: 抗菌伸縮ウォータージャグ 3L(CAPTAIN STAG)

【雨装備関係】
 ・レインウエア
   レインボースーツ(パワーエイジ)
   ゴアテックス製で完璧です。
 ・グローブ
 1)ZSRグローブ(パワーエイジ)
   大雨や長丁場では浸水します。
 2)ライドミント(デイトナ)
   ネオプレンタイプでほぼ完璧です。
 ・シューズ
   Gベクターライディングシューズ(ゴールドウイン)
  大雨時のみブーツカバー装着。
 ・ジャケット
  ドライマスタープライム オールシーズン ジャケット(RSタイチ)
  レインウエア要らずでほぼ完璧。
posted by kuwakazu at 22:54 | Comment(0) | 信州ツーリング

【晩酌用】夜の部_サーロイン1人焼き焼き♪【五光牧場】信州_野辺山ソロキャンプツーリ ング[6]

◆タイトル通り「晩酌用」に、ツーリングの記録を公開します。

※だらだらと長いので、お時間ある時にどうぞ。

本篇は2泊3日のキャンプツーリング2日目の「後編(夜の部)」となります。

当日の前編では、朝らー後に温泉に行き、キャンプ場に戻って雨の中「刺身と焼きそば」での昼の部でした。

たらふく食べて、リフトアップチェアでの昼寝をした後に、広大なキャンプサイトの散歩へ。

そしてだらだらと「夜の部」開始です!!

焼き焼き開始まで、ランタンの不調対応などを行ないました。

今回は、飲み食いに加えて焚き火シーンもだらだらやっておりますので、ご注意ください(笑)

夜の部シーンは初めてHDR-AS300で撮影しました。



◆[ ]内の時間は、動画のタイムスタンプです
・場内散策[1:40]
・ランタンメンテ[9:03]
・焼き焼き開始(手羽元)[20:07]
・焼き焼き開始(サーロイン)[33:40]
・焚き火開始[1:00:20]
・〆らー[1:19:45]

◆MUSIC
1:「A Long Cold」by Riot
2:「Sunflower」by Topher Mohr and Alex Elena
3:「今は時を待て」by はなP∞/ミックス:こおろぎ


◆◆◆装備・キャンプアイテム関係◆◆◆

【バイク】
 BMW R1200GS(2010年モデル)

◆撮影機材
 アクションカム:SONY HDR-AS300(ヘルメットマウント&手持ち)、100V(インカメ&タイムプラス)、30V(予備)
 カメラ:NIKON D7000
 機材の紹介:https://youtu.be/wzS8mp08q4o

【バイク装備(積載関係)】
 ・純正パニアケース左右
 ・ラバーメイド アクションパッカー・ストレージコンテナ(90L)
 ・コミネ SA-226 WP Dry Duffle Bag(60L)
 ・純正タンクバッグ ラージ(14-17L)

【キャンプ道具】
 ・テント:ステイシーST(オガワキャンパル)
 ・シュラフ:タフバッグ(モンベル)
 ・シュラフカバー:ゴアテックスシュラフカバーウルトラライト(イスカ)
 ・マット:ピークライトマットレス165(イスカ)
 ・ストーブ1(メイン):レギュレーターストーブ(SOTO)
 ・ストーブ2(サブ):ドラゴンフライ(MSR)
 ・五徳:タフ五徳(ユニフレーム)
 ・ランタン1:ピークワン(コールマン)
 ・ランタン2:エクスプローラーEX-1977IS(ジェントス)
 ・コッヘル:ごはんクッカープラス(ユニフレーム)
 ・フライパン:キャニオン ハードアノダイズド フライパン 8.5インチ(Chinook)
 ・ダッチオーブン:コロダッチオーバール(スノーピク)
 ・焚火台:焚火台M(スノーピク)
 ・炭火グリル:B6君(笑's)
 ・椅子:リクライニングチェア(コールマン)
 ・テーブル1:2つ折れのテーブル(メーカー不明)
 ・テーブル2:手製テーブル
 ・クーラーバッグ:ハイパークーラー12L(ロゴス)
 ・水タンク: 抗菌伸縮ウォータージャグ 3L(CAPTAIN STAG)

【雨装備関係】
 ・レインウエア
   レインボースーツ(パワーエイジ)
   ゴアテックス製で完璧です。
 ・グローブ
 1)ZSRグローブ(パワーエイジ)
   大雨や長丁場では浸水します。
 2)ライドミント(デイトナ)
   ネオプレンタイプでほぼ完璧です。
 ・シューズ
   Gベクターライディングシューズ(ゴールドウイン)
  大雨時のみブーツカバー装着。
 ・ジャケット
  ドライマスタープライム オールシーズン ジャケット(RSタイチ)
  レインウエア要らずでほぼ完璧。
posted by kuwakazu at 22:53 | Comment(0) | 信州ツーリング

【晩酌用】昼の部_雨の連泊♪標高1500mの硫黄炭酸泉&刺身【五光牧場⇔小海】信州_野辺山ソロキャンプツーリ ング[5]

◆タイトル通り「晩酌用」に、ツーリングの記録を公開します。

※だらだらと長いので、お時間ある時にどうぞ。

本篇は2泊3日のキャンプツーリング2日目の「前編」となります。

雨の朝を迎えましたが、一面綺麗な芝生が広がる五光牧場キャンプ場は気持ちイイです♪

今日はここに連泊なのでのんびりです。

朝らーの後、新しく買ったアクションカム(SONY AS-300)の雨対策を行いました。

外部電源、外部マイクを常時使用しているため、対策が必要となります。

その後、走って25kmほどの距離にある秘湯「稲子湯」へ行きます。

こちらは、登山者に親しまれている温泉で、アクセスは狭い道ながら路線バスが通っています。

午前中の早い時間に訪問したおかげで「貸切」でした!!

硫黄炭酸泉(冷泉)との事で、備え付けのコップで飲んでみると、錆+炭酸の味を何杯でも楽しめました(笑)

ここでのんびり温まって、買い出しにスーパーへ。

昼ごはんを何処か蕎麦屋にでも入ろうと考えていましたが、スーパーで飯の材料も沢山買ってしまいました、、、

腹の減っている時にスーパーに行くと買い過ぎてしまいダメですね!!

スーパーを出た後はキャンプ場に戻り、「昼の部」開始です♪

夜の部は次編となります。


◆立ち寄りポイントなどです。[ ]内の時間は、動画のタイムスタンプです
・朝らー[10:15]
・稲子湯[1:03:04]
・スーパーナナーズ[1:18:43]
・キャンプ場着[1:27:39]
・到着の儀[1:31:07]
・昼の部開始[1:33:35]


◆MUSIC
1:「Break the Ice」by Jingle Punks
2:「Water Lily」by Topher Mohr and Alex Elena
3:「A Long Cold」by Riot
4:「Sunflower」by Topher Mohr and Alex Elena
5:「World Map」by Jason Farnham
6:「Silver」by Riot
7:「あの夕陽が見える坂を下って」by こおろぎ
8:「夢いっぱいをもう一度」by 稿屋 隆
9:「Beat Your Competition」By Vibe Tracks
10:「Cloud Patterns」by Silent Partnter
11:「今は時を待て」by はなP∞/ミックス:こおろぎ


◆◆◆装備・キャンプアイテム関係◆◆◆

【バイク】
 BMW R1200GS(2010年モデル)

◆撮影機材
 アクションカム:SONY HDR-AS300(ヘルメットマウント&手持ち)、100V(インカメ&タイムプラス)、30V(予備)
 カメラ:NIKON D7000
 機材の紹介:https://youtu.be/wzS8mp08q4o

【バイク装備(積載関係)】
 ・純正パニアケース左右
 ・ラバーメイド アクションパッカー・ストレージコンテナ(90L)
 ・コミネ SA-226 WP Dry Duffle Bag(60L)
 ・純正タンクバッグ ラージ(14-17L)

【キャンプ道具】
 ・テント:ステイシーST(オガワキャンパル)
 ・シュラフ:タフバッグ(モンベル)
 ・シュラフカバー:ゴアテックスシュラフカバーウルトラライト(イスカ)
 ・マット:ピークライトマットレス165(イスカ)
 ・ストーブ1(メイン):レギュレーターストーブ(SOTO)
 ・ストーブ2(サブ):ドラゴンフライ(MSR)
 ・五徳:タフ五徳(ユニフレーム)
 ・ランタン1:ピークワン(コールマン)
 ・ランタン2:エクスプローラーEX-1977IS(ジェントス)
 ・コッヘル:ごはんクッカープラス(ユニフレーム)
 ・フライパン:キャニオン ハードアノダイズド フライパン 8.5インチ(Chinook)
 ・ダッチオーブン:コロダッチオーバール(スノーピク)
 ・焚火台:焚火台M(スノーピク)
 ・炭火グリル:B6君(笑's)
 ・椅子:リクライニングチェア(コールマン)
 ・テーブル1:2つ折れのテーブル(メーカー不明)
 ・テーブル2:手製テーブル
 ・クーラーバッグ:ハイパークーラー12L(ロゴス)
 ・水タンク: 抗菌伸縮ウォータージャグ 3L(CAPTAIN STAG)

【雨装備関係】
 ・レインウエア
   レインボースーツ(パワーエイジ)
   ゴアテックス製で完璧です。
 ・グローブ
 1)ZSRグローブ(パワーエイジ)
   大雨や長丁場では浸水します。
 2)ライドミント(デイトナ)
   ネオプレンタイプでほぼ完璧です。
 ・シューズ
   Gベクターライディングシューズ(ゴールドウイン)
  大雨時のみブーツカバー装着。
 ・ジャケット
  ドライマスタープライム オールシーズン ジャケット(RSタイチ)
  レインウエア要らずでほぼ完璧。
posted by kuwakazu at 22:52 | Comment(0) | 信州ツーリング

【晩酌用】夜の部_1人猪肉焼き焼き♪100分【五光牧場】信州_野辺山ソロキャンプツーリ ング[4]

◆タイトル通り「晩酌用」に、ツーリングの記録を公開します。

※だらだらと長いので、お時間ある時にどうぞ。

本篇は2泊3日のキャンプツーリング初日の「夜の部」となります。

当日朝は秩父を抜け、18kmのダート林道を走って三国峠を越え、長野入りました。

キャンプ場でテントを張った後、温泉に行き、そしてキャンプ場に戻ってからしばしのんびり♪

夕方、雨がまた降ってきてから「夜の部」開始です。

ガソリンランタンのポンピングパーツが外れたり、ライターが数本調子悪くなったりと、焼き焼き開始までに時間を要しましたが、そんな些細なトラブルもキャンプだと楽しめてしまうのが不思議です。

焼き焼き開始は、30:30からです!!

トータル100分越えですので、ご注意ください(笑)



◆[ ]内の時間は、動画のタイムスタンプです
・焼き焼き開始[30:30]

◆MUSIC
1:「「Lucky Day」by Jingle Punks
2:「今は時を待て」by はなP∞/ミックス:こおろぎ


◆◆◆装備・キャンプアイテム関係◆◆◆

【バイク】
 BMW R1200GS(2010年モデル)

◆撮影機材
 アクションカム:SONY HDR-AS300(ヘルメットマウント&手持ち)、100V(インカメ&タイムプラス)、30V(予備)
 カメラ:NIKON D7000
 機材の紹介:https://youtu.be/wzS8mp08q4o

【バイク装備(積載関係)】
 ・純正パニアケース左右
 ・ラバーメイド アクションパッカー・ストレージコンテナ(90L)
 ・コミネ SA-226 WP Dry Duffle Bag(60L)
 ・純正タンクバッグ ラージ(14-17L)

【キャンプ道具】
 ・テント:ステイシーST(オガワキャンパル)
 ・シュラフ:タフバッグ(モンベル)
 ・シュラフカバー:ゴアテックスシュラフカバーウルトラライト(イスカ)
 ・マット:ピークライトマットレス165(イスカ)
 ・ストーブ1(メイン):レギュレーターストーブ(SOTO)
 ・ストーブ2(サブ):ドラゴンフライ(MSR)
 ・五徳:タフ五徳(ユニフレーム)
 ・ランタン1:ピークワン(コールマン)
 ・ランタン2:エクスプローラーEX-1977IS(ジェントス)
 ・コッヘル:ごはんクッカープラス(ユニフレーム)
 ・フライパン:キャニオン ハードアノダイズド フライパン 8.5インチ(Chinook)
 ・ダッチオーブン:コロダッチオーバール(スノーピク)
 ・焚火台:焚火台M(スノーピク)
 ・炭火グリル:B6君(笑's)
 ・椅子:リクライニングチェア(コールマン)
 ・テーブル1:2つ折れのテーブル(メーカー不明)
 ・テーブル2:手製テーブル
 ・クーラーバッグ:ハイパークーラー12L(ロゴス)
 ・水タンク: 抗菌伸縮ウォータージャグ 3L(CAPTAIN STAG)

【雨装備関係】
 ・レインウエア
   レインボースーツ(パワーエイジ)
   ゴアテックス製で完璧です。
 ・グローブ
 1)ZSRグローブ(パワーエイジ)
   大雨や長丁場では浸水します。
 2)ライドミント(デイトナ)
   ネオプレンタイプでほぼ完璧です。
 ・シューズ
   Gベクターライディングシューズ(ゴールドウイン)
  大雨時のみブーツカバー装着。
 ・ジャケット
  ドライマスタープライム オールシーズン ジャケット(RSタイチ)
  レインウエア要らずでほぼ完璧。
posted by kuwakazu at 22:50 | Comment(0) | 信州ツーリング

【晩酌用】全面芝貸切!! まったり過ごすの巻♪【川上→清里→川上】信州_野辺山ソロキャンプツーリ ング[3]

◆タイトル通り「晩酌用」に、ツーリングの記録を公開します。

※だらだらと長いので、お時間ある時にどうぞ。

今回初めてSONY HDR-AS300をヘルメットマウントにして使用してみました。空間手振れ補正も試しています。

本篇は2泊3日のキャンプツーリング初日の「後半」となります。

18kmのダート林道を走り、三国峠を越えて長野に入りました。

峠ではちょっと早めの昼飯にしました。もちろんカップラーメンです^ ^

八ヶ岳を遠く眺めながらのラーメンは格別です!!

その後は舗装済の道を下って、日本有数の高原野菜の生産エリアを抜けてキャンプ場を目指します。

今回2泊するキャンプ場は「五光牧場オートキャンプ場」です。一面綺麗な芝生が広がるサイトにヲッサンはうっとりです(笑)

そして、何と初日は貸切でした!!

テントとタープを立てて、清里まで一つ走りして温泉に行きます。

帰りに雨が降ってきましたが、タープも完璧に立て終わっているので、気分は爽快です♪

キャンプ場に戻ってきましたが、まだ17時前です。

ビールを開け、持ってきたリクライニングチェアで足を伸ばしてまったりタイムです。

全面芝、そして貸切のキャンプ場は【たまらん】

「夜の部」は、さらにこの続編となりますのであしからず!!


※ジェットヘルメットで喋っているため、風切音などの雑音で聞きづらいところが沢山ありますが、そんな状況であったという記録としてご了承ください。


◆立ち寄りポイント[]内の時間は、動画のタイムスタンプです
・スーパーナナーズ(買出し)[16:45]
・五光牧場オートキャンプ場(入り口着)[26:34]
・到着の儀[36:06]
・アクアリゾート清里(温泉入浴)[46:19]

◆MUSIC
1:「Water Lily」by Topher Mohr and Alex Elena
2:「Parasail」By Silent Partnter
3:「End of Summer」by The 126ere
4:「World Map」by Jason Farnham
5:「Cloud Patterns」by Silent Partnter
6:「Lucky Day」by Jingle Punks
7:「Silver」by Riot
8:「A Long Cold」by Riot
9:「Payday」by Jason Famham
10:「夢いっぱいをもう一度」by 稿屋 隆
11:「今は時を待て」by はなP∞/ミックス:こおろぎ


◆◆◆装備・キャンプアイテム関係◆◆◆

【バイク】
 BMW R1200GS(2010年モデル)

◆撮影機材
 アクションカム:SONY HDR-AS300(ヘルメットマウント&手持ち)、100V(インカメ&タイムプラス)、30V(予備)
 カメラ:NIKON D7000
 機材の紹介:https://youtu.be/wzS8mp08q4o

【バイク装備(積載関係)】
 ・純正パニアケース左右
 ・ラバーメイド アクションパッカー・ストレージコンテナ(90L)
 ・コミネ SA-226 WP Dry Duffle Bag(60L)
 ・純正タンクバッグ ラージ(14-17L)

【キャンプ道具】
 ・テント:ステイシーST(オガワキャンパル)
 ・シュラフ:タフバッグ(モンベル)
 ・シュラフカバー:ゴアテックスシュラフカバーウルトラライト(イスカ)
 ・マット:ピークライトマットレス165(イスカ)
 ・ストーブ1(メイン):レギュレーターストーブ(SOTO)
 ・ストーブ2(サブ):ドラゴンフライ(MSR)
 ・五徳:タフ五徳(ユニフレーム)
 ・ランタン1:ピークワン(コールマン)
 ・ランタン2:エクスプローラーEX-1977IS(ジェントス)
 ・コッヘル:ごはんクッカープラス(ユニフレーム)
 ・フライパン:キャニオン ハードアノダイズド フライパン 8.5インチ(Chinook)
 ・ダッチオーブン:コロダッチオーバール(スノーピク)
 ・焚火台:焚火台M(スノーピク)
 ・炭火グリル:B6君(笑's)
 ・椅子:リクライニングチェア(コールマン)
 ・テーブル1:2つ折れのテーブル(メーカー不明)
 ・テーブル2:手製テーブル
 ・クーラーバッグ:ハイパークーラー12L(ロゴス)
 ・水タンク: 抗菌伸縮ウォータージャグ 3L(CAPTAIN STAG)

【雨装備関係】
 ・レインウエア
   レインボースーツ(パワーエイジ)
   ゴアテックス製で完璧です。
 ・グローブ
 1)ZSRグローブ(パワーエイジ)
   大雨や長丁場では浸水します。
 2)ライドミント(デイトナ)
   ネオプレンタイプでほぼ完璧です。
 ・シューズ
   Gベクターライディングシューズ(ゴールドウイン)
  大雨時のみブーツカバー装着。
 ・ジャケット
  ドライマスタープライム オールシーズン ジャケット(RSタイチ)
  レインウエア要らずでほぼ完璧。
posted by kuwakazu at 22:49 | Comment(0) | 信州ツーリング

【晩酌用】ホムセン箱ダート林道デビュー【奥秩父_中津川林道ノーカット版】信州_野辺山ソロキャンプツーリング[2]HDR-AS300

◆タイトル通り「晩酌用」に、ツーリングの記録を公開します。

※だらだらと長いので、お時間ある時にどうぞ。

GWの東北ツーリングから2ヶ月、、、

禁断症状が出たのでサクッと信州キャンプツーリングに行ってきました♪

本篇は2泊3日のソロキャンプツーリング初日の「前半」のうち、「中津川林道」の走行シーンのみをセレクトしたノーカット版です(峠までだらだら40分あります、、、)

当日の朝からのシーンは【1】 https://youtu.be/4dDmyHf6WnU をごらんください。

中津川林道のスタートは、彩の国ふれあいの森です。

ここから、約18kmのフラットダートを転倒しないようにのんびり走った記録となります。

ただそれだけです(笑)

これから中津川林道を走る事を検討されている方は、路面状況など参考にして頂ければ幸です。


※今回の走行で、ホムセン箱がズレたりする事も全くありませんでした。

GIVIのトップケースベースの上に、面積を広げるように木製のテーブルと、振動防止のゴム板を置いて、その上にホムセン箱を固定しています。(ラチェット式荷締機を利用しています)


◆MUSIC
1:「Wish You'd Come True」By The 126ers
2:「今は時を待て」by はなP∞/ミックス:こおろぎ


◆◆◆装備・キャンプアイテム関係◆◆◆

【バイク】
 BMW R1200GS(2010年モデル)

◆撮影機材
 アクションカム:SONY HDR-AS300(ヘルメットマウント&手持ち)、100V(インカメ&タイムプラス)、30V(予備)
 カメラ:NIKON D7000
 機材の紹介:https://youtu.be/wzS8mp08q4o

【バイク装備(積載関係)】
 ・純正パニアケース左右
 ・ラバーメイド アクションパッカー・ストレージコンテナ(90L)
 ・コミネ SA-226 WP Dry Duffle Bag(60L)
 ・純正タンクバッグ ラージ(14-17L)

【キャンプ道具】
 ・テント:ステイシーST(オガワキャンパル)
 ・シュラフ:タフバッグ(モンベル)
 ・シュラフカバー:ゴアテックスシュラフカバーウルトラライト(イスカ)
 ・マット:ピークライトマットレス165(イスカ)
 ・ストーブ1(メイン):レギュレーターストーブ(SOTO)
 ・ストーブ2(サブ):ドラゴンフライ(MSR)
 ・五徳:タフ五徳(ユニフレーム)
 ・ランタン1:ピークワン(コールマン)
 ・ランタン2:エクスプローラーEX-1977IS(ジェントス)
 ・コッヘル:ごはんクッカープラス(ユニフレーム)
 ・フライパン:キャニオン ハードアノダイズド フライパン 8.5インチ(Chinook)
 ・ダッチオーブン:コロダッチオーバール(スノーピク)
 ・焚火台:焚火台M(スノーピク)
 ・炭火グリル:B6君(笑's)
 ・椅子:リクライニングチェア(コールマン)
 ・テーブル1:2つ折れのテーブル(メーカー不明)
 ・テーブル2:手製テーブル
 ・クーラーバッグ:ハイパークーラー12L(ロゴス)
 ・水タンク: 抗菌伸縮ウォータージャグ 3L(CAPTAIN STAG)

【雨装備関係】
 ・レインウエア
   レインボースーツ(パワーエイジ)
   ゴアテックス製で完璧です。
 ・グローブ
 1)ZSRグローブ(パワーエイジ)
   大雨や長丁場では浸水します。
 2)ライドミント(デイトナ)
   ネオプレンタイプでほぼ完璧です。
 ・シューズ
   Gベクターライディングシューズ(ゴールドウイン)
  大雨時のみブーツカバー装着。
 ・ジャケット
  ドライマスタープライム オールシーズン ジャケット(RSタイチ)
  レインウエア要らずでほぼ完璧。
posted by kuwakazu at 22:48 | Comment(0) | 信州ツーリング

【晩酌用】秩父の立ち食い&ダート林道(中津川)を行く!!【東京→日高→秩父→川上】信州_野辺山ソロキャンプツーリング[1] HDR-AS300デビュー!!

◆タイトル通り「晩酌用」に、ツーリングの記録を公開します。

※だらだらと長いので、お時間ある時にどうぞ。

今回初めてSONY HDR-AS300をヘルメットマウントにして使用してみました。空間手振れ補正も試しています。

※キャプション修正
×西部 〇西武

GWの東北ツーリングから2ヶ月、、、

禁断症状が出たのでサクッと信州キャンプツーリングに行ってきました♪

本篇は2泊3日のキャンプツーリング初日の「前半」となります。

出発前日の夜に荷物をバイクに積んでおきました。朝はスムーズにスタートです。

まだ交通量の少ない関越道を走り、少しだけ圏央道を走って鶴ヶ島ICで下ります。

先ずは、高麗川にかかる小さな橋を目指します。

この橋は、床が木製の板を置いただけの珍しい橋で、走ると板の音がします。

走った当日は、まだ板が新しいのか、あまり音がしませんでしたが、ちょっとスリルがある橋です。

その後、国道299号の正丸峠を抜けて秩父鉄道の「御花畑駅」へ

ここで、立ち食い蕎麦を食べます。朝早くからやっているお店は殆どなく、駅の立ち食い蕎麦にしました。

通勤・通学の方々をみながらの天玉そば(420円)美味かったです♪

その後、コンビニでコーヒータイムにした後、林道を目指します。

途中、滝沢ダムのループ県道を走って彩の国ふれあいの森にら到着。

ここで、一呼吸おいてからその先の滝沢林道へ入っていきます。

滝沢林道はフラットで走り易い林道ですが、荷物満載でタイヤもあまり溝が残っていないため、のんびり走って標高1,740mの三国峠を目指します。

本篇は、峠までとなります。また、林道のスタートから峠まで、のんびり走ったノーカット版を【2】で公開します。

だらだらと走っているだけの記録ですが、、、

後編は【3】となります。


※ジェットヘルメットで喋っているため、風切音などの雑音で聞きづらいところが沢山ありますが、そんな状況であったという記録としてご了承ください。


◆立ち寄りポイント[]内の時間は、動画のタイムスタンプです
・関越道練馬入口[1:22]
・圏央道鶴ヶ島IC[4:40]
・高麗川にかかる新井橋(床が板)[7:36]
・国道299号正丸トンネル[20:07]
・秩父鉄道御花畑駅(立ち食い蕎麦)[27:18]
・県道210号のループ橋と滝沢ダム[54:11]
・彩の国ふれあいの森(林道入り口)[1:01:35]
・滝沢林道入り口(ダートスタート)[1:05:49]
・三国峠[1:10:33]
----------------------
・HDR-AS300解説[11:00]
・マルチビューモニター解説[16:00]
・ナビゲーションアプリ解説[19:55]
・アクションカム配線解説[40:20]


◆MUSIC
1:「湿っぽいピアノとキック」by 田中サムシング
2:「FREE WAY-かがやくキセキ」by はなP∞
3:「夢いっぱいをもう一度」by 稿屋 隆
4:「Sunflower」by Topher Mohr and Alex Elena
5:「End of Summer」by The 126ere
6:「あの夕陽が見える坂を下って」by こおろぎ
7:「Venice Beach」by Topher Mohr and Alex Elena
8:「A Long Cold」by Riot
9:「Water Lily」by Topher Mohr and Alex Elena
10:「Lucky Day」by Jingle Punks
11:「Coffee Stains」by Riot
12:「Parasail」By Silent Partnter
13:「Follow Me」By Jimmy Fontanez/Media Right Productions
14:「Silver」by by Riot
15:「Beat Your Competition」By Vibe Tracks
16:「Hey Now」By MK2
17:「World Map」by Jason Farnham
18:「Cloud Patterns」by Silent Patter
19:「Opening Night」By Jason Farnham
20:「Wish You'd Come True」By The 126ers
21:「今は時を待て」by はなP∞/ミックス:こおろぎ


◆◆◆装備・キャンプアイテム関係◆◆◆

【バイク】
 BMW R1200GS(2010年モデル)

◆撮影機材
 アクションカム:SONY HDR-AS300(ヘルメットマウント&手持ち)、100V(インカメ&タイムプラス)、30V(予備)
 カメラ:NIKON D7000
 機材の紹介:https://youtu.be/wzS8mp08q4o

【バイク装備(積載関係)】
 ・純正パニアケース左右
 ・ラバーメイド アクションパッカー・ストレージコンテナ(90L)
 ・コミネ SA-226 WP Dry Duffle Bag(60L)
 ・純正タンクバッグ ラージ(14-17L)

【キャンプ道具】
 ・テント:ステイシーST(オガワキャンパル)
 ・シュラフ:タフバッグ(モンベル)
 ・シュラフカバー:ゴアテックスシュラフカバーウルトラライト(イスカ)
 ・マット:ピークライトマットレス165(イスカ)
 ・ストーブ1(メイン):レギュレーターストーブ(SOTO)
 ・ストーブ2(サブ):ドラゴンフライ(MSR)
 ・五徳:タフ五徳(ユニフレーム)
 ・ランタン1:ピークワン(コールマン)
 ・ランタン2:エクスプローラーEX-1977IS(ジェントス)
 ・コッヘル:ごはんクッカープラス(ユニフレーム)
 ・フライパン:キャニオン ハードアノダイズド フライパン 8.5インチ(Chinook)
 ・ダッチオーブン:コロダッチオーバール(スノーピク)
 ・焚火台:焚火台M(スノーピク)
 ・炭火グリル:B6君(笑's)
 ・椅子:リクライニングチェア(コールマン)
 ・テーブル1:2つ折れのテーブル(メーカー不明)
 ・テーブル2:手製テーブル
 ・クーラーバッグ:ハイパークーラー12L(ロゴス)
 ・水タンク: 抗菌伸縮ウォータージャグ 3L(CAPTAIN STAG)

【雨装備関係】
 ・レインウエア
   レインボースーツ(パワーエイジ)
   ゴアテックス製で完璧です。
 ・グローブ
 1)ZSRグローブ(パワーエイジ)
   大雨や長丁場では浸水します。
 2)ライドミント(デイトナ)
   ネオプレンタイプでほぼ完璧です。
 ・シューズ
   Gベクターライディングシューズ(ゴールドウイン)
  大雨時のみブーツカバー装着。
 ・ジャケット
  ドライマスタープライム オールシーズン ジャケット(RSタイチ)
  レインウエア要らずでほぼ完璧。
posted by kuwakazu at 22:46 | Comment(0) | 信州ツーリング