●旧Blog(自分旅と家族のアーカイブ)はこちら ●twitterはこちら ●愛用のキャンプ用品はこちら

2017年11月17日

【晩酌用】増水大滝と炭酸泉宿で夜の部!![掛合町→三瓶町] 【山陰ソロキャンプツーリング】G4日目後編

◆タイトル通り「晩酌用」に、ツーリングの記録を公開します。
※だらだらと長いので、お時間ある時にどうぞ。

フェリー含め全8泊9日のソロキャンプツーリングです。
写真 2017-09-12 17 08 21_R.jpg

◆増水した大滝へ
うぐいす茶屋で昼飯をとった後、次は名瀑へ向かいます。
出発間際に、地元の方からお声かけいただきました。
向かうのは、日本の滝100選にも入っている「龍頭が滝」です。
雨も一旦は止みましたが、途中で土砂降りになってしまいました。雨粒が大きくて身体に当たって痛いほどです。
SnapShot(243).jpg
龍頭が滝の入り口に到着する頃には小雨になりました。
写真 2017-09-12 14 33 35_R.jpg
下りはじめにある看板に「ツキノワグマの生息地。単独行動注意」とありました。
写真 2017-09-12 14 35 36_R.jpg

写真 2017-09-12 14 35 44_R.jpg
確かに出そうな雰囲気です!!!
急坂を数分降りていくと、大滝が突然轟音を立てながら見えてきました。
写真 2017-09-12 14 44 58_R.jpg
大雨の影響なのでしょうう、かなり龍が怒っているように見えます。
SnapShot(245).jpg
川に落ちないように渡って、滝の裏側へ行ってみました。
この滝は、裏側に行くことが出来る珍しい滝です。
写真 2017-09-12 14 48 42_R.jpg
滝に近づくと、更に轟音に加えてしぶきと風圧を感じます。
裏側に行くと更に、更に(笑)
ちょっとビビりました!!

■炭酸泉独り占め♪
迫力の滝の後は、今夜の宿に直行です。
雨も止んで、晴れ間も見えてきました。
昨日に続いて今夜も温泉宿に泊まります。こちらも以前より気になっていた宿で、1か月以上前に予約を済ませておきました。
とにかく泉質がユニークだという事です。
写真 2017-09-12 16 15 52_R.jpg
到着し、受付を済ませて2階の部屋へ。
窓から駐車場に止めたGSが見えます^ ^
浴衣に着替て温泉へ。浴室が3つあって、まずは一番手前へ。
写真 2017-09-12 17 05 14_R.jpg
大人2名がギリギリといった大きさの湯舟でした。湯の華が至る所に付着していて、成分の濃さを物語っています。無色透明で温い湯です。
写真 2017-09-12 16 49 57_R.jpg
写真 2017-09-12 17 08 44_R.jpg
蒸し暑い夏場には最高です。
風呂上がりにビールで湯上りの儀です。最高です!!
写真 2017-09-12 17 19 48_R.jpg

SnapShot(251).jpg
SnapShot(253).jpg
しばらくのんびりしてから、1階で晩飯となります。
今夜は、私のほか男性の一人旅の方だけでした。
写真 2017-09-12 18 02 29_R.jpg
SnapShot(252).jpg
晩酌しながらこちらの温泉の事や周辺の情報交換をしました。
風呂上がりに、2つ目の浴室へ。
こちらは、晩飯の時にご一緒になった方に教えて頂いたとおり、源泉に近いとの事で炭酸の出が凄かったです。
SnapShot(254).jpg
あっという間に、体中に小さな気泡が付着しました。
こんなに炭酸が強い温泉は初めてです。
ちょっと感動しながら入浴を続けました。
部屋に戻って、きょう一日の走ったルートのおさらいをして就寝です。

翌日はキャンプです♪

4日目全ルートJ.jpg
本日の全ルート

◆[ ]内の時間は、動画のタイムスタンプです。
・うぐいす茶屋出発[05:23]
・龍頭が滝[14:34]
・小屋原温泉熊谷旅館到着[36:54]
・炭酸泉入浴(1番浴室)[44:12]
・風呂上りの儀[49:48]
・夜の部開始[55:32]
・炭酸泉入浴(2番の浴室)[1:10:34]
・本日のルート振り返り[1:13:09]



◆MUSIC(出典:YouTube audio library ほか)
 オープニング:「Making Rounds」by Silent Partner
 1:「Water Lily」by Topher Mohr and Alex Elena
 2:「Silver」by Riot
 3:「Game Set Match」by Riot
 4:「Southern California」by Riot
 5:「World Map」by Jason Farnham
 6:「Jupiter One」by Riot
 エンディング:「今は時を待て」by はなP∞/ミックス:こおろぎ
 予告編:「Hey Now」by MK2

◆バイク
 BMW R1200GS(2010年モデル)

◆撮影機材
 アクションカム:SONY HDR-AS300(ヘルメットマウント&手持ち)、100V(インカメ&タイムプラス)、30V(予備)
 カメラ:NIKON D7000
  レンズ:SIGMA18-250mm/10-20mm
 機材の紹介:https://youtu.be/wzS8mp08q4o
posted by kuwakazu at 18:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 山陰ツーリング
この記事へのコメント
今回も楽しませていただきました。(^^)
ありがとうございます。

炭酸泉イイですね〜
入ってみたいですわ。
温泉旅館にはキャンプにはない良さがありますからね。

ところで、クワカズさんに1つ聞きたいことがあるのですが、今回もそうでしたが、結構な豪雨の中を走ることが多いですよね。
カッパは前回動画でも乾燥されていましたが、靴にはブーツカバーを着けるのですか?
それともシューズ自体が防水タイプなのでしょうか?
いつも靴の中には浸水しないのかな?と思っておりました。

防水タイプのライディングブーツならば品名と効果も教えていただけますか?
Posted by ハッピーマンデー at 2017年11月18日 08:44
ハッピーマンデーさん
ご視聴ありがとうございます。

お湯に特徴のある宿でのんびりするのはとても心地よいです。
今回の炭酸泉は素晴らしかったです^ ^

ブーツですが、
http://amzn.to/2irCqMC
のシリーズを長年愛用しています。
少々の雨では防水なのでOKですが、本降りになる時はブーツカバーを使用しています。
http://amzn.to/2zMyuA0

靴の中が濡れると集中力が凄く低下するので、足元には気を使っておりまーす♪
Posted by くわ at 2017年11月18日 12:46
ありがとうございます。
ゴールドウインとラブアンドロード の組み合わせでしたか。
やはり防水のうたい文句でも完全ではないですもんね。
本降りのブーツカバー必須も参考になりました。

ブーツの買い替えを検討していたところなので助かりました。
ありがとうございます。
Posted by ハッピーマンデー at 2017年11月18日 14:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181581634
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック