YouTube誤BAN関連記事はこちらです ●旧Blog(自分旅と家族のアーカイブ)はこちら ●twitterはこちら ●愛用のキャンプ用品はこちら

2017年08月11日

【晩酌用】磐梯高原_夏の火山ルート_ぬる湯・ワインディング・冷やし蕎麦[東京→福島西→磐梯吾妻] 【福島キャンプツーリング】初日前編

◆タイトル通り「晩酌用」に、ツーリングの記録を公開します。
※だらだらと長いので、お時間ある時にどうぞ。キャンプツーリングで使用している商品はこちらです

GWの中部・北陸キャンプツーリングから2ヶ月半ぶりのキャンプツーリングです。
今回は福島です。
3連休に1日有休を付けて3泊4日で楽しんできました。
D7T_3834_00023_R.jpg

◆佐野で朝らー
いつものように、前日にパッキングを済ませました。
写真 2017-07-13 20 50 29_R.jpg
当日は4時半起床・5時出発となりました。
写真 2017-07-14 4 56 07_R.jpg
写真 2017-07-14 4 57 07_R.jpg

SnapShot(81).jpg
東北自動車道で先ずは佐野SAへ。
給油をしてから朝飯です。
佐野はラーメンの町として有名なので、東北ツーリングの際はほぼこちらで朝らーとなります。
SnapShot(83).jpg
注文したのは「もやしガッツリラーメン」
天辺にネギ、その下に沢山のモヤシです。肝心のラーメンの麺がちょっと少なめでしたが、美味かったです^ ^

◆福島西で下りスーパーへ
約1時間ほどSAでのんびしりした後に北上していきます。
途中雨が降りだしてはカッパを着込み、そして止んで暑くなってカツパを抜ぐといった状況でした。
福島西ICで下りて、ヨークベニマルへ入りました。
写真 2017-07-14 9 21 01_R.jpg
9時半開店の15分前に到着でした。
SnapShot(86).jpg
開店直後のスーパーはがらりとしていて良い感じです^ ^
写真 2017-07-14 10 33 02_R.jpg

◆暑いのでぬる湯温泉へ
スーパーで買出しをしましたが、初日だと調子に乗って予算オーバーの6000円となりました。
困ったもんです!!
先ずは温泉へ行きます。
複数の候補ありましたが、あまりにも暑いので「微温湯温泉」にしました。
SnapShot(87).jpg
林間のなだらかなワインディングを走って到着。
D7T_3811_00003_R.jpg
到着と同時に雨が降ってきました。
受付で500円を払ってお風呂へ。
タイミング良く貸切でした。
D7T_3812_00004_R.jpg
SnapShot(88).jpg
手前が源泉かけながしのぬる湯。奥に沸かし湯があります。
SnapShot(89).jpg
蒸し暑い日に入るぬるゆは最高でした!!
D7T_3824_00015_R.jpg
D7T_3825_00016_R.jpg
D7T_3828_00019_R.jpg

◆絶景のワインディング_磐梯吾妻スカイライン
ぬる湯でのんびりした後、少し来た道を戻って磐梯吾妻スカイラインへ。
沿道には沢山良い温泉がありますが、今回は先を急ぐのでパスです。
途中まで遅い四輪がいましたが、途中からスムーズに走る事が出来ました。
気持ちよいワインディングに加えて荒々しい火山地帯の絶景。
SnapShot(90).jpg
D7T_3838_00027_R.jpg
D7T_3834_00023_R.jpg
このルート最高です。
途中で雨が降ってきて、カッパを着たら直ぐに止みました(笑)

◆昼飯は釣堀で
磐梯吾妻スカイラインから、レークラインに入って直ぐに目に入った食堂で昼飯にします。
SnapShot(93).jpg
当初は桧原湖の北にあるラーメン屋で昼飯を予定していましたが、スーパーや温泉でのんびりし過ぎて断念です。
写真 2017-07-14 14 03 02_R.jpg
釣堀に併設している食堂で、中には猟もやっている親父さんが射止めた野生動物の皮が沢山ぶら下がっています。
SnapShot(96).jpg
SnapShot(97).jpg
注文したのは、「イワナの塩焼き」と「山菜冷やし蕎麦」です。
暑い夏に、しっかり冷えた蕎麦が格別でした。
SnapShot(94).jpg
写真 2017-07-14 14 34 49_R.jpg
写真 2017-07-14 14 35 04_R.jpg


この後、レークラインを走って桧原湖の西にあるキャンプ場に向かいます。

初日前半全ルートJ.jpg
初日前半ルートJ.jpg

◆[ ]内の時間は、動画のタイムスタンプです
・佐野SA(もやしガッツリラーメン)[5:42]
・ヨークベニマル吉倉店[28:43]
・ぬるゆ温泉旅館二階堂[45:13]
・磐梯吾妻スカイライン[1:04:13]
・磐梯吾妻レークライン[1:21:02]
・渓流釣堀ぼん天[1:23:10]
・エンディング[1:28:00]


◆MUSIC(出典:YouTube audio library ほか)
 オープニング:「Making Rounds」by Silent Partner
 1:「Water Lily」by Topher Mohr and Alex Elena
 2:「湿っぽいピアノとキック」by 田中サムシング
 3:「Parasail」by Silent Partner
 4:「Water Lily」by Topher Mohr and Alex Elena
 5:「Beat Your Competition」by Vibe Tracks
 6:「Game Set Match」by Riot
 7:「あの夕陽が見える坂を下って」by こおろぎ
 8:「A Long Cold」by Riot
 9:「World Map」by Jason Farnham
10:「Silver」by Riot
11:「Follow Me」by Jimmy Fontanez/Media Right Productions
12:「Payday」by Jason Famham
13:「今は時を待て」by はなP∞/ミックス:こおろぎ
 次編編「Hey Now」by MK2



◆◆◆装備・キャンプアイテム関係◆◆◆
【バイク】
 BMW R1200GS(2010年モデル)

◆撮影機材
 アクションカム:SONY HDR-AS300(ヘルメットマウント&手持ち)、100V(インカメ&タイムプラス)、30V(予備)
 カメラ:NIKON D7000
  レンズ:SIGMA18-250mm/10-20mm
 機材の紹介:https://youtu.be/wzS8mp08q4o


【バイク装備(積載関係)】
 ・純正パニアケース左右
 ・アクションパッカー・ストレージコンテナ90L(ラバーメイド)
 ・SA-226 WP Dry Duffle Bag 60L(コミネ)
 ・純正タンクバッグ(ラージ)
 ・保冷レジカゴ & レジャーバッグ (容量28L)富士(FUJI)

【キャンプ道具】
 ・テント:ステイシーST(オガワキャンパル)
 ・タープ:ヘキサライト(コールマン)
 ・シュラフ:タフバッグ(モンベル)
 ・シュラフカバー:ゴアテックスシュラフカバーウルトラライト(イスカ)
 ・マット:ピークライトマットレス165(イスカ)
 ・ストーブ1(メイン):レギュレーターストーブ(SOTO)
 ・ストーブ2(サブ):ドラゴンフライ(MSR)
 ・五徳:タフ五徳(ユニフレーム)
 ・ランタン1:ピークワン(コールマン)
 ・ランタン2:エクスプローラーEX-1977IS(ジェントス)
 ・ヘッドランプ:デルタピーク343H(ジェントス) 
 ・コッヘル:ごはんクッカープラス(ユニフレーム)
 ・フライパン:キャニオン ハードアノダイズド フライパン 8.5インチ(Chinook)
 ・ダッチオーブン:コロダッチオーバール(スノーピク)
 ・パール金属ジンギスカン 鍋 28cm
 ・焚火台:焚火台M(スノーピク)
 ・炭火グリル:B6君(笑's)
 ・固形燃料:ミニラウンドストーブ4(ロゴス)
 ・炭:オガ備長炭(キャプテンスタッグ)
 ・着火剤:着火剤 防水ファイヤーライター(ロゴス)
 ・椅子:e-ネクストタフスツール EXT-S15(GY)キャンパーズコレクション ・椅子:CS ラウンジチェア typeII M-3889(キャプテンスタッグ)
 ・テーブル1:2つ折れのテーブル(メーカー不明)
 ・テーブル2:手製テーブル
 ・クーラーバッグ:ハイパークーラー12L(ロゴス)
 ・水タンク: 抗菌伸縮ウォータージャグ 3L(CAPTAIN STAG)
 ・ラジオ:ハンディポータブルラジオICF-51(SONY)

【雨装備関係】
 ・レインウエア
 レインボースーツ(パワーエイジ)
 ゴアテックス製で完璧です。
 ・グローブ
 1)ZSRグローブ(パワーエイジ)
 大雨や長丁場では浸水します。
 2)ライドミント(デイトナ)
 ネオプレンタイプでほぼ完璧です。
 ・シューズ
 Gベクターライディングシューズ(ゴールドウイン)
 大雨時のみブーツカバー装着。
 ・ジャケット
 ドライマスタープライム オールシーズン ジャケット(RSタイチ)
 レインウエア要らずでほぼ完璧。
posted by kuwakazu at 17:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 福島ツーリング
この記事へのコメント
お疲れ様でございます!
当方、本日より休暇に入り、自宅にて焼き焼きしながら楽しませて頂きました!
『ぬる湯線』笑っちゃいましたw
雨が降りだした時の素早いカッパ対応は流石旅慣れた者の仕業ですね!
すぐに雨がやんでしまうというのも山あるあるですね!
数年前に磐梯吾妻スカイラインを走った事があるのですが、やはりすばらしいですね! また行きたくなりました!
次も楽しみにしております٩(^‿^)۶
Posted by まさお at 2017年08月11日 22:01
まさおさん
ご視聴ありがとうございます。
本日から夏休みですか、良いですね!!
私は9月に取得します。
山岳ツーリングでは突然の雨があるので、カッパを着るタイミングが難しいですね(笑)

磐梯吾妻スカイラインは、日本の中でもトップクラスに素晴らしいです。
夏と秋ではまた表情が違って【たまらん】です♪
次編もよろしくお願いしまーす!
Posted by くわ at 2017年08月11日 22:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180606402
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック