YouTube誤BAN関連記事はこちらです ●旧Blog(自分旅と家族のアーカイブ)はこちら ●twitterはこちら ●愛用のキャンプ用品はこちら

2017年04月28日

公開しました!!【晩酌用】[伊豆最終編]湾越しの富士_朝からシビレる!![雲見オートC(松崎町)→東京] 【伊豆花見ソロキャンプツーリング6】

◆タイトル通り「晩酌用」に、ツーリングの記録を公開します。
※だらだらと長いので、お時間ある時にどうぞ。キャンプツーリングで使用している商品はこちらですtwitterはこちら

本編は3日目の朝から帰路までの【最終編】となります。
朝から絶景を満喫です♪
D7T_6786_R.jpg

◆湾越しにシビレる朝!!
5時30分に起床しました。
外はまだ真っ暗です。
昨夜、デジイチ(D7000)で富士山と星空に向けたインターバル撮影をセットしたまま寝ました。
SnapShot(1).jpg
とっくにバッテリー切れになっていまししたが、朝の撮影に向けてバッテリー交換を行ってスタンバイです。
アクションカム(AS100V)も小高い場所にセットして、こちらはテント含めた全景を含むインターバル撮影を開始しました。
明るくなってくるまでの間に、お湯を沸かしてコーヒーを入れました。
徐々に明るくなってきて、富士山も綺麗に見えてきました。
テント付近はまだ暗いのですが、さすが富士山はでかいです。
SnapShot(6).jpg
山頂付近から紅富士が始まりました。
三脚で3台、手持ちの1台の4台体制で臨みました。


◆朝らー
期待した以上の美しい紅富士、そして周囲への陽が照る範囲が広がるにつれて素晴らしい風景となりました。
SnapShot(7).jpg
SnapShot(8).jpg
富士山の撮影はカメラに任せて、朝飯の準備です(笑)
今朝は徳島製粉の「金ちゃん徳島ラーメン」にしました。
SnapShot(10).jpg
初めて食べます。
味は、とんこつ醤油で、かなり濃厚な醤油ベースとなっていて上手かったです。
SnapShot(12).jpg
何より、絶景富士を眺めながらのチュルチュルは最高です、、、

◆さっと撤収
朝飯を食べ終わり、徒歩20歩の洗い場へ。
初日の夜と昨夜活躍したB6君の本体もしっかり洗いました。
お湯が出るっていうのはありがたいです。
日が照ってきて、暑くなってきました。
タープが強風に耐えるよう、鍛造ペグを深く打ち込んでいたので抜くのが大変でした!!
SnapShot(14).jpg
夜露も全く無かったので、テントもタープの撤収はスムーズにいきました。

◆究極のそば
バイクに荷物を積み込んで出発です。
お隣さんが見送ってくれました。
SnapShot(15).jpg
昨日の夕方、ヲッサン二人で展望テラスで夕陽を眺めたました(笑)
また何処かでおあいする気がします、、、
海沿いの国道を北上していきます。
SnapShot(16).jpg
時々、富士山が見えてくると嬉しくなります。
途中、気になる看板発見「究極のそば」?
写真 2017-02-19 11 08 01_R.jpg
一旦は通り過ぎたのですが、腹も減っていたのでUターンして入店。
入るなり「もりそばで良いですか?」と、店員さん。
聞くと「もりそば」しか無いようです!!
大盛りを注文しました。
SnapShot(18).jpg
10割り蕎麦という事で、味は良かったですが、究極とまでは良く分かりませんでした。
SnapShot(19).jpg
蕎麦湯がかなり美味かったです(笑)

◆渋滞の修行・東京へ
蕎麦屋を出て、土肥峠越えで修善寺へ。
ここで伊豆の定番「大渋滞」が既にスタートしていました。
SnapShot(20).jpg

写真 2017-02-19 12 10 38_R.jpg
もう諦めてのんびり構えるしかありません、、、
有料道路に入っても渋滞は続いていて、やっと新東名に入る頃に解消です。
この渋滞があるので、伊豆ツーリングは敬遠しがちです。
途中足柄SAで土産を買いました。
浜松餃子、富士宮焼きそば、そして桜えびせんべい。
写真 2017-02-19 17 30 06_R.jpg
今夜はこれらを晩飯にするため、嫁さんにメールで知らせておきました♪
東名高速は概ねスムーズで東京まで戻ってきました。
SnapShot(22).jpg
写真 2017-02-19 15 44 26_R.jpg
2泊3日の伊豆キャンプツーリング、無事終了です。
初日は雨、2日目は曇り、最終日は快晴。
良い旅が出来ました。
D7T_6784_R.jpg
また行きます!!

2泊3日の伊豆ルート・立ち寄りポイントです
全立ち寄りポイントJ.jpg

東京からの全ルート
ルートJ2.jpg


◆[ ]内の時間は、動画のタイムスタンプです
・起床[1:49]
・紅富士[11:47]
・朝らー[15:24]
・撤収開始[27:19]
・キャンプ場出発[32:24]
・究極のそば昌庵[47:08]
・40,000km突破[56:50]
・新東名長泉沼津IC[59:51]
・エンディング[1:01:34]


◆MUSIC(出典:YouTube audio library ほか)
 オープニング:「Making Rounds」by Silent Partner
1:「Break the Ice」by Jingle Punks
2:「Follow Me」by Jimmy Fontanez/Media Right Productions
3:「World Map」by Jason Farnham
4:「Beat Your Competition」by Vibe Tracks
5:「Lucky Day」by Jingle Punks
6:「Payday」by Jason Famham
7:「今は時を待て」by はなP∞/ミックス:こおろぎ



◆◆◆装備・キャンプアイテム関係◆◆◆
【バイク】
 BMW R1200GS(2010年モデル)

◆撮影機材
 アクションカム:SONY HDR-AS300(ヘルメットマウント&手持ち)、100V(インカメ&タイムプラス)、30V(予備)
 カメラ:NIKON D7000
 機材の紹介:https://youtu.be/wzS8mp08q4o


【バイク装備(積載関係)】
 ・純正パニアケース左右
 ・アクションパッカー・ストレージコンテナ90L(ラバーメイド)
 ・SA-226 WP Dry Duffle Bag 60L(コミネ)
 ・純正タンクバッグ(ラージ)
 ・保冷レジカゴ & レジャーバッグ (容量28L)富士(FUJI)

【キャンプ道具】
 ・テント:ステイシーST(オガワキャンパル)
 ・タープ:ヘキサライト(コールマン)
  ・鍛造ペグ エリッゼステーク 28cm
 ・シュラフ:タフバッグ(モンベル)
 ・シュラフカバー:ゴアテックスシュラフカバーウルトラライト(イスカ)
 ・マット:ピークライトマットレス165(イスカ)
 ・ストーブ1(メイン):レギュレーターストーブ(SOTO)
 ・ストーブ2(サブ):ドラゴンフライ(MSR)
 ・五徳:タフ五徳(ユニフレーム)
 ・ランタン1:ピークワン(コールマン)
 ・ランタン2:エクスプローラーEX-1977IS(ジェントス)
 ・ヘッドランプ:デルタピーク343H(ジェントス) 
 ・コッヘル:ごはんクッカープラス(ユニフレーム)
 ・フライパン:キャニオン ハードアノダイズド フライパン 8.5インチ(Chinook)
 ・ダッチオーブン:コロダッチオーバール(スノーピク)
 ・パール金属ジンギスカン 鍋 28cm
 ・焚火台:焚火台M(スノーピク)
 ・炭火グリル:B6君(笑's)
 ・固形燃料:ミニラウンドストーブ4(ロゴス)
 ・炭:オガ備長炭(キャプテンスタッグ)
 ・着火剤:着火剤 防水ファイヤーライター(ロゴス)
 ・椅子:e-ネクストタフスツール EXT-S15(GY)キャンパーズコレクション ・

椅子:CS ラウンジチェア typeII M-3889(キャプテンスタッグ)
 ・テーブル1:2つ折れのテーブル(メーカー不明)
 ・テーブル2:手製テーブル
 ・クーラーバッグ:ハイパークーラー12L(ロゴス)
 ・水タンク: 抗菌伸縮ウォータージャグ 3L(CAPTAIN STAG)
 ・ラジオ:ハンディポータブルラジオICF-51(SONY)

【雨装備関係】
 ・レインウエア
 レインボースーツ(パワーエイジ)
 ゴアテックス製で完璧です。
 ・グローブ
 1)ZSRグローブ(パワーエイジ)
 大雨や長丁場では浸水します。
 2)ライドミント(デイトナ)
 ネオプレンタイプでほぼ完璧です。
 ・シューズ
 Gベクターライディングシューズ(ゴールドウイン)
 大雨時のみブーツカバー装着。
 ・ジャケット
 ドライマスタープライム オールシーズン ジャケット(RSタイチ)
 レインウエア要らずでほぼ完璧。
posted by kuwakazu at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊豆ツーリング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179531718
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック