●旧Blog(自分旅と家族のアーカイブ)はこちら ●twitterはこちら ●愛用のキャンプ用品はこちら

2017年02月04日

公開しました!!【晩酌用】九州帰省旅B絶景の阿蘇五岳と高千穂の神話【南阿蘇→高千穂】

◆タイトル通り「晩酌用」に、ツーリングの記録を公開します。
※だらだらと長いので、お時間ある時にどうぞ。旅のプランニングは、こちらのデジタルマップを利用しています 。キャンプツーリングで使用している商品はこちらですtwitterはこちら

今回はバイクツーリングではなく、お袋の愛車(トヨタポルテ)に乗っての2人旅の記録です。
D7T_3861_00034_R.jpg
本シリーズは、親父の「四十九日法要」に合わせた帰省の際に、お袋が行きたいと言っていた高千穂の某神社に連れて行く事となり、その旅を含めた記録を編集したものです。

これまでの「バイクツーリング」とは一味違う、のんびりした風景と私の見たもの、経験したもののドキュメントとしてご視聴頂ければ幸いです。

■起床直後に専用露天風呂
6時に目が覚め、直ぐに部屋に付属している露天風呂へ向かいます。
SnapShot(1009).jpg
起きて、10秒も経てばそこは温泉です。
日が昇る前で、外は寒いのですが、ドアを開けて2歩で湯船の中です。
最初は熱めと感じますが、あっという間にベストな湯温となりました。
「ふぅ〜」と、気持ちよさでため息がこぼれます♪
しっかり温まってから上がると、お袋が起きていました。
SnapShot(1013).jpg
これから、お袋の日課である「散歩」に付き合います。
お袋の健康はこれにあるようです。

■散歩は裏山・地震で大崩落
散歩で寒くないよう、着込んで出発しました。
国道沿いのルートか裏山かで悩みましたが裏山にしました。
少し上って振り向くと、外輪山の麓部分に霧がかかり雲海状になっていました。
D7T_3808_R.jpg
D7T_3832_00009_R.jpg
なかなか良い風景です。
更に進むと、未舗装路になってきました。
そして何と、進もうとしていたルートが崩落していました。
春の地震の被害と思われます。
ちょうど九十九折になっている先の道が全て崩落し、無残にガードレールが横たわっていました。SnapShot(1031).jpg
仕方なく、ルートを変えて進みましたが、その先は更に大規模な崩落地点となっていました。
先程の道路が落ちたというレベルでは無く、その付近一帯の地形が変わっていました、、
D7T_3814_00003_R.jpg
D7T_3815_00004_R.jpg
宿の裏山がこのような被害があったとは驚きです。
後で宿の方にお聞きすると、大雨の後は避難指示が出るそうです。
気持ちの良い空気を吸って、健康的な散歩でしたが、熊本の現状を知る朝となりました。
宿から見える「御籠門山」「夜峰山」の頂上付近も望遠レンズで見ると、山肌が大きく剥がれ落ちているまが分かりました。
D7T_3833_00010_R.jpg
D7T_3822_00001_R.jpg

■露天で汗を流して朝飯へ
散歩から戻って、真っ先にまたまた部屋の露天風呂へ。
20161203074749_IMG_4429.JPG
SnapShot(1049).jpg
朝イチも気持ち良かったのですが、ひと歩きした後もなかなかです。
風呂から上がって朝飯を頂きに食事処へ行きます。
昨日と同じ個室で用意されていました。
おひつには、沢山美味しそうなごはんが入って入っていました。
SnapShot(1060).jpg
昨夜は料理も全て美味しかったのですが、ご飯の美味さが群を抜いたので、今朝も楽しみです。
先ずは焼き魚で一杯目、二杯目は温泉玉子、三杯目は納豆と海苔、明太子で頂きました。
20161203082749_IMG_4435.JPG
SnapShot(1062).jpg
SnapShot(1066).jpg
SnapShot(1077).jpg
SnapShot(1083).jpg
あれだけあったご飯が綺麗に無くなり、凄く気分が良い朝飯となりました(笑)

■名水を求めて
食後に、お袋がのんびり露天風呂に入りました。
その間、私は布団へダイブです!!
SnapShot(1053).jpg
二人とものんびりしてから、出発です。
昨夜お袋がロビーで買った野菜なども含めて支払を済ませました。
結構な量を買ったようで、宿の方が車まで運んでくれました。
今日も晴天、昨日に続きラッキーです。
宿を出発して先ずは、このエリアは名水で有名なのですが、その一つ「池の川水源」へ。
20161203104202_IMG_4468.JPG
20161203104154_IMG_4466.JPG
こちらは宿から3kmほどです。近くにはもっと大きな水源もありますが、一番近いこちらにしました。
こちらは、毎分5トンの湧出量があるそうです。湧出しているポイントは上から良く見えました。
それにしても綺麗な流れです。もちろん備え付けの柄杓で一杯頂きました。
D7T_3836_00013_R.jpg
D7T_3838_00015_R.jpg
SnapShot(1105).jpg
お袋は、お茶をやっているので水にはうるさくて、この名水を汲むためにポリタンクを車に積んで来ていました!!

■阿蘇五岳の絶景ポイントへ
高千穂に向かう前に、昨年夏に立ち寄った阿蘇五岳の絶景ポイントへ向かいます。
ここは、月廻り温泉の前に広がる、全面芝の綺麗な公園です。
SnapShot(1114).jpg
D7T_3861_00034_R.jpg

20161203110607_IMG_4580.JPG
昨年夏に立ち寄った際は、中岳からの黒い噴煙が目だっていましたが、今回は殆ど見えませんでした。
芝生をお袋と歩いていきます。
見下ろせる縁まで来たところで五岳をデジイチで撮影しました。
望遠で見ると、山肌が至る所で崩落しているのが見えました。
D7T_3860_00033_R.jpg
それでも、独特な山々の形は素晴らしいの一言です。
天気も良くて、迫力のパノラマでお袋も大満足のようでした。
気になったのは、昨年はいたクマもんが居なかった事(笑)

■天岩戸神社へ
阿蘇から高千穂への道は、車の流も良くてストレス無く走る事が出来ました。
SnapShot(1117).jpg
SnapShot(1125).jpg
今回の旅は、お袋が「天岩戸神社に連れて行って」と、LINEで送ってきた事から調整が始まりました。
当初は親父の四十九日後を考えていましたが、仕事の都合などで前倒しにしました。
駐車場に到着して車を降りると、誘導係りの方がお袋の車のナンバー(筑豊)を見て、話しかけてくれした。「自分も〇〇にずっと住んでいたんだ、身体を壊して地元のこちらに戻ってきた」と。ここは空気が美味くて良いよとの事です。確かに空気が美味いです!!
この神社は、日本神話の中でも有名な「天照大御神様のお隠れになられた天岩戸」と呼ばれる洞窟がある事で知られています。
D7T_3870_00041.jpg
SnapShot(1139).jpg
先ずは西本宮に参拝しました。そして拝殿横にある神楽殿の所へいきます。
中に「天照大御神様」と書かれていて、そこと手前にある鏡部分だけが周囲と違って光り輝いていました。ちょっと神秘的な感じです。
D7T_3874_00045.jpg


■天安河原
西本宮参拝の後は、今回の旅のメインである「天安河原」へ向かいます。
岩戸川沿いを歩いていきます。途中、川の流れを覗き込んでみましたが、とても綺麗でした。
D7T_3893_00059.jpg
太鼓橋を渡った先に大洞窟が見えてきました。そしてそこに至る道の両側には無数の小石が積まれています。これは、参拝者が自然発生的に積んでいったとの事です。
D7T_3906_00070.jpg
D7T_3913_00076.jpg
ちょっと異様な風景となっています。この場で、八百萬神が集まって隠れた天照大御神をどうやって表に出すかという相談をしたとの事です。あまりの石の多さに、集まる場も無いほどです(笑)
洞窟の中から外を見ると、何ともいえない世界観があります。
D7T_3904_00068.jpg
昔の人は、もっと敏感だったのでしょうね。
こちらを参拝した後、駐車場に戻る間に並ぶ店でお袋は大量の饅頭を買っておりました。
SnapShot(1166).jpg
SnapShot(1168).jpg

20161203124838_IMG_4494.JPG
沢山買ったので、お焼きを2つサービスしてくれたとの事で、車の中で頂きました。
食べると、お焼きかと思ったら中に餡子の入った「焼き餅」でした。こちらでは、これをお焼きというのか?疑問に持ちつつおいしく頂くのでした。
20161203125632_IMG_4497.JPG


本篇は、ここで終了となります。
後編では、もう一社パワースポットを参拝してから福岡の実家に戻ります。
そして、帰省したら必ず行くうどん屋へ、、、

散歩ルート.jpg
2日目ルート.jpg


◆[ ]内の時間は、動画のタイムスタンプです
・朝イチ専用露天風呂[2:47]
・裏山散歩[5:37]
・散歩後の専用露天風呂[14:12]
・朝飯[19:55]
・出発[35:09]
・池の川水源[36:07]
・月廻り公園[41:59]
・神話アグリロード[46:25]
・天岩戸神社[47:41]
・天安河原[54:40]

◆MUSIC (出典:YouTube audio library ほか)
1:「Making Rounds」by Silent Partner
2:「A Long Cold」by Riot
3:「夢いっぱいをもう一度」by 稿屋 隆
4:「FREE WAY-かがやくキセキ」by はなP∞
5:「Wish You'd Come True」By The 126ers
6:「今は時を待て」by はなP∞/ミックス:こおろぎ
7:「Hey Now」by MK2
posted by kuwakazu at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 九州帰省
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178649302
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック