●旧Blog(自分旅と家族のアーカイブ)はこちら ●twitterはこちら ●愛用のキャンプ用品はこちら

2017年01月20日

公開しました!!【晩酌用】九州帰省旅@鴨蕎麦とやまなみハイウェイ♪【羽田→福岡→湯布院→九重→阿蘇】

◆タイトル通り「晩酌用」に、ツーリングの記録を公開します。
※だらだらと長いので、お時間ある時にどうぞ。旅のプランニングは、こちらのデジタルマップを利用していますキャンプツーリングで使用している商品はこちらですtwitterはこちら
※※今回はキャンプではありません。お袋の愛車での旅です。

平成28年(2016年)10月18日22時09分、親父が80歳で他界しました。
危篤の連絡を受けてから直ぐに帰省して、実家と病院の往復する事7日後の他界でした。
その間、実家の整理や網戸張替なども出来て、通夜の準備が十分に出来ました、、、
本篇は、他界後2回目の帰省となる「四十九日法要」に合わせた帰省の際に、お袋が行きたいと言っていた高千穂の某神社に連れて行く事となり、その旅を含めた四十九日前後の記録を編集したものです。
SnapShot(749).jpg
これまでの「バイクツーリング」とは一味違うドキュメントとしてご視聴頂ければ幸いです。

■早朝に羽田へ
SnapShot(673).jpg
四十九日法要の日程は、葬儀の時から決まっていたため、早めに飛行機のチケットを押さえる事が出来ました。
当初は、四十九日法要後にお袋との2人旅を予定していましたが、仕事の関係で前倒しとなりました。
金曜日と、月曜・火曜日の3日も有休を利用させてもらいました。
飛行機は、羽田→福岡間で最安を探して見つけたLCC(スカイマーク)で、何と8,999円!!です。
ちょっと感激です(笑)
その代わりに、早朝6時25分出発の第一便となり、もちろん地下鉄でも間に合わないので4時半起床してバイクで羽田まで行きました。寒い朝でしたが、多くがトンネル走行であったため楽でした。
羽田空港第一駐車場のバイク駐車スペースにGSを置いてターミナルへ。
SnapShot(713).jpg
LCCという事で、受付カウンターも、搭乗口もかなり歩く端っこにありました。
SnapShot(721).jpg
いつもはJALなので大きな差です。

■朝飯は空弁
日の出と同時に離陸という、素晴らしいタイミングとなりました。
SnapShot(749).jpg
それも運よく窓側を確保できたので、外の景色に釘付けです!!
高校の頃から航空機(軍用機)マニアだったので、写真やビデオを撮るのが大好きです(笑)
この日も、しっかり翼もある程度見えるベストポジションです。
離陸前には富士山も見えました。
D7T_3746_R.jpg
そして、離陸後は少しだけ都心方向へ旋回したため、スカイツリーも良く見えました。
もう満足です!!
D7T_3758_R.jpg
水平飛行に移ってから、朝飯です。
先ずは「黒毛和牛焼肉とチキン南蛮」です。
SnapShot(759).jpg
これから九州でチキン南蛮を食べるかもしれないのに、この弁当を手に取ってしまいました。
タルタルソースがしっかり乗って美味かったです。
食べる間でも、外の絶景を眺めながら頂きます!!
続いて、肉の万世の「ヒレカツサンド」です。
SnapShot(764).jpg
これも、飛行機に乗る時には食べたくなってしまう定番です。
朝からしっかり頂きました♪

■お袋と合流
高度を下げてきたので、ずっと外ばかりみております。
そして、海の中道の真上を通ってから福岡空港に着陸となりました。
SnapShot(771).jpg
SnapShot(774).jpg
景色は良いと、弁当は美味いし、隣は空席だったし、良い空の旅でした。
着陸後は直ぐに高速バスに乗ります。
SnapShot(783).jpg
都市高速で博多の街と博多湾を眺めながら九州自動車道に接続。
そしてお袋の待つバス停で下車です。
1ヶ月半ぶりに合うお袋は元気でした。
SnapShot(791).jpg
春に81歳になるのですが、まだ車の運転をしております。
愛車のトヨタ「ポルテ」の運転を私が替わり、出発です。
高速入りすると、直ぐに我が故郷の山々、そして川が出迎えてくれました。
SnapShot(800).jpg
この風景は帰省するたびに感動します。
北九州Jctで、九州自動車道から東九州自動車道に入ります。
途中、築城ICで下りたくなりましたが我慢してそのまま進みます!!
また、あの掩体壕を見たくなったのですが、、、
そのまま進み、あっという間に大分県入り、日出Jctで大分自動車道方向へ。
この辺りから風景が一変し、湯布院に来たなという実感がわいてきます。
湯布院ICで下りてやまなみハイウェイを目指して行きます。


■昼は湯布院の絶景の蕎麦屋
やまなみハイウェイに入った頃に、お袋が「蕎麦が食べたい」と言い出しました。
途中の蕎麦屋をiPhoneのナビで検索しますが、どれもピンとこないものばかりでした。
ナビに頼るのでは無くて、走りながら見て良いなと思ったものに入ろうと走り始めた途端に、「いきなりありました」(笑)
それも、入口が未舗装路になっていて、私好みです!
SnapShot(811).jpg
ビビるお袋を横目に走らせていくと、急に前が開けて、雄大な由布岳がどーーんと見えてきました。
この変化が素晴らしかったです。
20161202123648_IMG_4572.JPG
ログハウス調の素敵な蕎麦屋がぽつんとありました。
SnapShot(818).jpg
早速中に入りましたが、展望の良いテーブルは既に埋まっていましたが、反対側もまた良い感じでした。

お袋は「野菜あんかけ蕎麦」、私は「鴨せいろ」を注文。
20161202125329_IMG_4330.JPG
20161202125728_IMG_4332.JPG
鴨は、高級な「蔵王鴨」だそうです。こんなところで、東北とコラボしておりました、、
蕎麦は大盛りにしました。鴨汁に漬けて蕎麦をつるり。
【たまらん】です!!
鴨肉も分厚く、歯ごたえがありつつも柔らかでとても美味かったです。
SnapShot(899).jpg
SnapShot(900).jpg
ここはおすすめ!!
窓から見える由布岳も格別でした。
SnapShot(826).jpg


■最高のロケーション「やまなみハイウェイ」
蕎麦を食べた後、いよいよやまなみハイウェイの見どころ満載走行がはじまります。
SnapShot(853).jpg
いくつもの展望パーキングが整備されていますが、走りながらの風景が最高です!!
特に「飯田高原交差点」を過ぎてからの直線と、トライアル長者原温泉郷前の直線から望む久住の山々は素晴らしいの一言です。
天気もそこそこ良くてラッキーでした。
熊本との県境付近にある展望パーキングで駐車して、写真を撮りました。
20161202135354_IMG_4586.JPG
SnapShot(858).jpg
D7T_3769_R.jpg
ここからは、阿蘇の山々が見えます。それも雲海の上に頭を出している状態で、何と幻想的でした。
D7T_3770.jpg
今日は、阿蘇の南側にある温泉宿に泊まります。


■神社めぐり(国造神社、阿蘇神社)
ミルクロードを横切り、盆地まで下りてきました。
途中の風景もなかなか良いです。
先ずは昨年ツーリング時に立ち寄れなかった「国造神社(コクゾウ神社)」へ。
D7T_3785_R.jpg
阿蘇神社の北に位置していて「北宮」と呼ばれているそうです。
D7T_3795.jpg
ブーツをはいているお袋が歩き難いとぶつぶつ言いながらも、しっかりとした足取りで階段を昇っていきます。
拝殿での参拝の後、こちらの神社の有名な巨木「手野のスギ」を見に行きました。
D7T_3786.jpg
国の天然記念物だったようですが、台風で折れてしまい、その一部を保存展示している形となります。
それでも、幹の太さが半端ではありません。
SnapShot(875).jpg
ぐるり一周してみました。近くに、根本部分も保存していて、形からして凄いです。

国造神社の後、当初は大観望まで行く予定でしたが、時間が押している関係でパスし、代わりに阿蘇神社へ参拝に行く事としました。
D7T_3805_R.jpg
阿蘇神社は、昨年10月の九州ツーリング時に参拝しています。
その時にあった「楼門」が、熊本地震で完全倒壊しています。
再建が11月から始まったとの事で、大型クレーン車が作業をしていました。
拝殿・本殿などの前は立ち入りが規制されていて、仮の祈願所が設置されています。
SnapShot(886).jpg
D7T_3801_R.jpg
一日も早い復興を祈っております。

■とうもろこし茶を頂く
阿蘇神社を出て、阿蘇の麓をぐるり反対側まで走ったところにある温泉宿を目指します。
夕暮れ前には到着したいと思い、直行する予定でしたが、お袋が途中で「止めて!!」と言い出しました。
鮮やかな黄色いトウロモコシが沢山干しているお店を見ての事でした。
SnapShot(889).jpg
ちょっとUターン気味に戻って、そのお店へ。
「阿蘇とれ市場」という食堂が併設されている産直と土産物が置いているところでした。
お店の方にお袋が色々と質問しています。吊るされたトウモロコシは、次の作付け用の種になるそうです。
20161202154811_IMG_4583.JPG
そして、売っている干しトウモロコシは「お茶」になるそうです。
中で飲ませて頂ける事となり、一杯頂きました。香ばしくてなかなか美味かったです。
トウモロコシの作付けの仕方などを熱心にお袋は聞いていて、やる気満々になっていました(笑)


本篇は、この店を出たところで終わりとなります。
後編は南阿蘇村にある露天風呂付きの温泉宿での記録をお届けします!!

MAP1.jpg
MAP2.jpg



【ご注意】死に関する場面がございますので、気にされる方はご視聴をお控え頂くのが良いかもしれません。

◆[ ]内の時間は、動画のタイムスタンプです
・羽田空港着[1:39]
・朝飯(機内)[6:24]
・福岡空港着[8:16]
・高速バス乗車[8:42]
・お袋と合流[9:31]
・湯布院インターからやまなみハイウェイへ[12:05]
・森のSobaCafeゆふそら(鴨せいろ)[13:15]
・   〃出発[20:57]
・トライアル長者原温泉郷近く直線[23:10]
・大分と熊本県境近くの展望パーキング[23:50]
・国造神社[26:01]
・阿蘇神社[35:27]
・阿蘇とれ市場(とうもろこし茶)[39:10]

◆MUSIC(出典:YouTube audio library ほか)
 1:「Wish You'd Come True」By The 126ers
 2:「A Long Cold」by Riot
 3:「Payday」by Jason Famham
 4:「FREE WAY-かがやくキセキ」by はなP∞
 5:「End of Summer」by The 126ere
 6:「Water Lily」by Topher Mohr and Alex Elena
 7:「Lucky Day」by Jingle Punks
 8:「夢いっぱいをもう一度」by 稿屋 隆
 9:「今は時を待て」by はなP∞/ミックス:こおろぎ
10:「Hey Now」by MK2
posted by kuwakazu at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 九州帰省
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178468599
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック